「蒲鉾」と日本の食文化
蒲鉾はバラエティーに富み、新鮮で栄養豊かな魚が材料です。
良質のたんぱく質源、低脂肪で消化の良い蒲鉾には素晴らしい魅力がいっぱいです。
日本で生まれた蒲鉾は保存と、魚をより美味しく食べる為の画期的な加工技術です。
特に、京都は海に面しない内陸部にある為、京料理とともに、その技術が発展致しました。
蒲鉾がわが国の歴史に初めて登場するのは平安時代初期、当時の古文書の中の祝いの宴会料理の中に蒲鉾が記録されています.。
実際には、これよりも昔から棒の先に魚肉のすり身をつけて焼いて食べていたようです。
この頃の蒲鉾の形は、東北地方のきりたんぽの様で、現在のちくわに近いものでした。
植物の蒲の穂によく似ていたことから、「がまのほ」と呼ばれ、また、蒲の穂が鉾のような形から「蒲」と「鉾」がくっついて「かまぼこ」となり、やがて「かまぼこ」とよばれるようになったと伝えられています。

Copyrighting Kikuka.,ltd